よくあるご質問/東京都港区 表参道駅からすぐの皮膚科・美容皮膚科 青山通り皮フ科

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

保険診療だけでも受けられますか?

もちろん、保険診療だけでも構いません(保険証をお持ちください)。
ご自分の症状が、保険診療・自由診療のどちらに適しているかわからないという方も、まず一度ご相談ください。

質問一覧へ

予約は必要ですか?

当院はご予約の方優先で診療させていただきますので、お時間がない方は事前にご予約いただくことをお勧めいたします。
ご予約なしで直接ご来院いただいた場合も受付順で診療いたします。お気軽にご来院くださいませ。
なお美容治療をご希望の方は、お部屋や器械をご用意させていただきますので、ご予約をお願いいたします。

質問一覧へ

保険診療(一般皮膚科診療)と自由診療(美容皮膚科診療)はどう違うのですか?

厚生労働省が定める皮膚疾患(湿疹、やけどなど)に対し規定の診療をする際は、健康保険の適応になりますので『保険診療』です。保険適応になっていない治療法や、美容目的の治療については『自由診療』となります。

質問一覧へ

自由診療(美容皮膚科診療)希望の場合も健康保険証は必要ですか?

ご相談内容によっては、保険内の治療やお薬の処方が可能な場合もございますので、健康保険証をお持ちの場合はご持参ください。

質問一覧へ

エステと美容皮膚科の違いは何ですか?

美容皮膚科は医療機関ですから、医師が責任を持って患者様の状態を診断し、治療を行います。
薬剤の使用や注射などの医療行為はもちろん、脱毛やフェイシャルの治療についても、エステでは取り扱えないレーザーや医療機器を用いておりますので、お悩みを改善する効果が格段に違います。

アトピーなどの慢性皮膚疾患の保険診療と併行して、安心して美容治療を受けられるのは当院の大きな特徴です。

質問一覧へ

美容皮膚科は美容整形外科と同じようなイメージで抵抗があるのですが・・・

美容皮膚科はあくまでも『皮膚科』領域で診療を行います。
二重にしたり、メスを使いリフトアップをするような手術はいたしません。
レーザーや光治療器、ヒアルロン酸などの注入剤を使ってしみやしわを取るような、お肌や体への負担は少なく効果のある治療を行っています。
『安心してきれいになれるサロン』という感覚でご来院いただければと思います。

質問一覧へ

美容皮膚科を併設していると費用は高いですか?

保険診療については、厚生労働省により診療報酬が定められていますので、全国どこの病院にかかられても費用は同じです。(検査や処置により負担額が変わりますので、ご不安な方はおたずねください。)
自由診療(美容治療)は、医療機関により、内容や価格設定が異なりますが、当院ではカウンセリング時に明朗なお見積りをお出しいたします。

質問一覧へ

カウンセリング当日に施術も受けられますか?

医師のカウンセリングを受け、治療についてご納得いただけましたらカウンセリングと同日に施術も可能です。
初めてのご来院で治療までお考えの場合は、ご予約の際にスタッフへお申しつけください。
まずはお話だけお聞きになられたいということでも結構です。

質問一覧へ

受診はノーメイクの方がいいですか?

ご来院の際メイクはされたままで構いません。
診察や施術の際に必要であれば、院内でお化粧を落としていただきます。
メイク落としはご用意しておりますが、お直し時のメイク用品はご持参ください。

質問一覧へ

敏感肌ですが、施術できますか?

お肌の状態とお悩みにより適切な治療をご提案いたします。
もしかぶれや湿疹などの疾患があり、医師が治療を必要と判断した場合はまずお薬などを処方し、症状が改善してからご希望の施術を開始いたます。
アレルギー検査や敏感肌用のお化粧品のご相談も承ります。

質問一覧へ

男性も診てもらえますか?

一般皮膚科診療(保険診療)・美容皮膚科診療(自由診療)ともに男性の方も大丈夫です。
最近では、男性の方もニキビ治療や毛穴の治療、ひげ脱毛など、スキンケアに対する意識が高くなっておりますので、ご遠慮なくご来院ください。
また、当院では疲労回復のためのカクテル注射(にんにく注射)や男性型脱毛症に対するプロペシアの処方も行っております。

質問一覧へ

施術を受けた後はお化粧できますか?

ほとんどの治療について施術直後にお化粧が可能ですが、しみ取り(Q-YAG)レーザーやCO2レーザー、TCAピーリングなど治療後にガーゼ・テープ での保護が必要な治療は、部分的にお化粧ができません。
また、ヒアルロン酸やボトックス注射をした部位も数時間はお化粧を控えてください。
詳しくはカウンセリング時にご説明いたします。

質問一覧へ

お支払方法を教えてください。

保険診療のお支払は現金にてお願いいたします。
自由診療のお支払いは現金もしくはカード払いが可能です。
(5000円以上のお支払の際に、クレジットカード・デビッドカードでのお支払いができます。)
ご利用いただけるカードは、VISA・Master・JCB・UC・アメックス・ダイナースです。

質問一覧へ

このページのトップへ